マラソン ランニング

水卜アナウンサーの挑戦 24時間テレビ

毎年恒例の日本テレビ24時間テレビが終わった。今回のマラソンは駅伝方式で4人が参加。3人の女性芸人(全員が走る事に縁がなさそうな人)に加え、当日明かされた最後のランナーが日テレの水卜アナウンサー。いつも可愛いらしい笑顔で終始にこやか、みんなから愛されるような人だ。

 

今は朝の情報番組の他にもレギュラーを持つ大人気アナウンサー。24時間テレビは見なかったが、番組の総合司会でもある彼女は一番暑い時間帯に42キロを走ったらしい。マラソンの後は再び司会に戻っている。

番組は前日の夜からスタートしているので、彼女は前日から寝ずに司会をやりながら、翌日の昼間42キロ走り、その後も休まなく司会をしている。また、翌日の月曜日はいつも通り朝の番組に出ている。

会社員である彼女にすればマラソンも業務命令なはず。

 

忙しい中、秘密練習を重ね、前日から睡眠せずにマラソン、その後も休まなく司会に復帰。これは、会社の労働環境としてはいかがなものか?

もちろん彼女は最初から体力的には過酷なことは理解していたはずだ。疲れはしただろうが、過酷さの代わりに得られる人との繋がり、助け合い大事さや仲間との一体感、ある種の達成感など彼女にとって十分な価値はあったはずだ。そしてもちろん、押し付けられた訳ではなく快く引き受けた仕事だろう。彼女に物申すことは何もない。問題は日本テレビという会社だ。

 

テレビという未だ影響力のあるマスメディアであり、報道もする側の立場の会社が、社員をこんな使い方することが非常識だと思う。ノリだけで生きている様なテレビマンが何も考えずに単に面白ければ良いというだけで決めたように思える。しかも最終的には感動のお涙頂戴ものに仕上がればクレームはないと踏んでいるのだろう。

 

番組としてチャリティーを募るという意味は十分あると思う。障害者への理解を高める効果もあると思う。つまり番組としの元々の主旨は良いと思うのだか、それを番組として24時間やる意味はあるんだったか?今や24時間の番組の枠を埋めるためだけの、無駄に電気を食う垂れ流し番組なのではないかと思う。

 

チャリティーイベントとしての知名度は確立され、内容的にも理解されている。と、なれば、24時間という番組の枠組みは外して、形を変えて伝え続ける事を考えた方が良いと思う。少なくとも社員をこき使う様なことをしなければ成立しないような番組ならやめた方が良いと思う。社員一人の挑戦に全てを合わせるのではなく、番組として、会社としてこれまでの流れを変えるような挑戦が必要だと思う。