マラソン ランニング

garmin 電池の持ちなど

まだ買ってから1ヶ月弱のGarmin foreathlete 235jなのでもちろん電池の持ちは良いのですが、今回は少なくなった状態から走ってみてその減り具合を見てみました。

 

f:id:sugarcane555:20190703225459j:image

 

スタート時の残り電池は25%。途中で電池切れになったら嫌なので充電したくなる悩ましいレベル。スタート時間は1900時。バックライトは時計を見ると自動で点灯する設定。電池の消耗を抑えるため、1k毎にラップタイム表示の時(バックライトが自動で点灯)以外は時計を見ないように心に決めてジョギング開始。

 

距離はいつもの10Kのつもりが電池テストのことをすっかり忘れ少し距離を伸ばし既に10kを超えた帰り道。順調に1k毎のラップタイム表示を確認していたのが、11k~12km辺りで突然「充電してください」と表示が変更!やばい!もうここまでかと思いつつそのまま走っているとラップ表示なのかバイブがブルブル。

見てみるとラップタイム表示ではなく、さっきと同じ表示。とうとうここまでかと思いつつ完全になくなるまで見届けようとそのまま走る。

家の前まで帰ってストップボタンを押すとセーブが出来そうなので祈る気持ちで直ぐにセーブ。

1時間14分掛けて13.6kmを走るにはやっぱり25%の電池残量では少ないのだと思い、時計を見てみると、なんとあれれ?まだ12%も残っていた!

 

f:id:sugarcane555:20190704000952j:image

 

と、なると「充電してくださいの表示は15%を切った時点で出てきたのだろう。

なにはともあれ、今日の感じだと25%残っていれば20k位は行けそうな事が分かったのは収穫。

 

ちなみにGarminではないけど、シューズの紐の処理を紹介。

f:id:sugarcane555:20190703233938j:image

縛った紐が走っているうちに解けしまうのが嫌なので、自分は写真のように処理しています。これでランニング中、紐が気になることはありません!