マラソン ランニング

Garmin foreathlete 235j 続き

6/4から使っている235jですが、そろそろ1ヶ月。

現在は1回のランが10K程で、週4回程度の使用。普段使いもしている状態で電池の持ちは5日というところ。20%くらいになると充電しているのでギリギリまで使えば、6 ~7日は持つかもしれません。

 

GPSの捕捉は早く、天気にもそれほど影響がない感じ。大体10秒ほどで捕捉するのでストレスなく使えます。これは過去に使っていた405や110とは大きな違い(以前は曇りの日には捕捉に5分以上かかることも)。GPSの精度は、日本の衛星みちびきのお陰もあるのか大分上がっている印象です。それでもGPSのトラッキングを見て、全般的に弱いと感じるのは交差点などを曲がる時。 写真のように曲がり角はどうしてもずれる傾向にあるようですが、全体では問題ないでしょう。

 

f:id:sugarcane555:20190626131244p:plain

ラン中の表示は現在4フィールドに設定(距離、ラップペース、HR、時間の4種類)。走りながら一番確認したラップとHRを近くに表示するようにレイアウト設定しています。夜ランはバックライトでの一瞬の確認なので見たい情報を近くにレイアウトしないと、何度も確認することになります。好きなレイアウトに設定して、使いながら調整することをお勧めします。

基本ストリートランなので信号などで止まる時には停止ボタンで一時停止にしています。設定では自動停止もできますが少しタイムラグがあるので、自分はマニュアルで停止しています。停止すると、ラン中に確認できていた画面ではなく、合計時間だけの表示になります。以前の405や110は停止していても、ラン中の画面で停止していたように記憶していますが、235は時間以外は表示されません。

以前の405/110は信号で停止中にそれまでのランの状況が確認できるのも楽しみだったのですが、それはできないので少し残念な感じです。

一方良い点は、ラン中と停止中の画面が全く違うことで、仮に再開の押し忘れがあっても画面を見ればすぐにわかるところ(以前は同じ画面だったので、再開したつもりが停止のまま数キロ走っていたこともありました)。しかも、235はボタン押しで音とバイブが反応するので(設定次第)、押し忘れの可能性はさらに低くなっていると思います。

 

f:id:sugarcane555:20190626131309j:plain

下記の写真はConnect IQで見つけたカッコいいRace Screenという画面。実際にランで使ってみたら、情報が多過ぎて見たい情報が確認できなかったため結局使わずにお蔵入り。ラン中の表示情報は必要最低限に絞ることを改めて痛感。

f:id:sugarcane555:20190626131332j:plain

さて、電池の持ちにも関係するバックライトですが、時計を見ると自動でバックライトが付く便利な設定があります。自分は時間で制御しているので日中は時計を見てもバックライトが点灯しない設定にしました。ちなみにバックライトは決して明るいとは言えません。まあ、暗い中で見るには十分なので仕方ないでしょう。ちなみに明るさの調整はできません。

この時計を見ると自動で点灯する設定ですが、点灯まで若干のタイムラグがあります。夜ラン中は時計を見た時に情報を確認したいので、点灯まで暫く腕を固定する必要があります。自分は自動点灯には頼らず、見たい時にボタンを押して確認するようにしています。

 

今使っていて気になっているのがリカバリータイム表示。昨日、1日のラン休み明けの10K夜ランだったのに丸一日経ってもリカバリータイムがなんとまだ41時間!現在5'30"ペースを基準にしている中で平均ペース4'44"、最大心拍も160bpmの強度で走ったことも影響しているのかもしれないけど、それにしても長過ぎる。一日置きランの予定なのに、数字が出るとちょっと気になるところです。