マラソン ランニング

高校野球について

毎年夏になると楽しみにしているものの一つに高校野球を挙げる人は多いだろう。長い歴史に刻まれた数々のドラマ。語り継がれる名勝負。歯を食いしばって勝利を勝ち取った勝者と力尽きて崩れ落ちる敗者。勝者にはもちろんのこと、敗者にも熱い拍手は鳴り止まず、そして時には敗者が勝者よりも感動のストーリーとして語り継がれることもある。甲子園全体を、そして、テレビを見ている多くの人を感動の渦に巻き込む。それが甲子園を舞台にする高校野球の魅力だ。

高校球児は夏のこの大会に全てをかけて、マスコミ含めファンも、甲子園までの道のりを含めて、毎年の新たなドラマを楽しみにしている。

高校野球と言えば、やはり先ず注目されるのは投手だ。清原や松井のようなスラッガーももちろん注目の的だが、豪速球で次々と強打者をなぎ倒す剛腕投手やプロ顔負けの多彩な変化球で快刀乱麻の活躍をする技巧派投手など、地方大会から次世代のエースが注目される。

マスコミはプレシーズンから徐々に報道に熱を帯びてゆく。報道する側は、新しいスターを探し求め、報道される側の選手も注目されることに喜びを感じているだろう。そして視聴者は未来のプロ野球選手に対して評論家よろしく分析を始める。夏の甲子園への熱い戦いは高校球児、マスコミ、高校野球ファンが一体となって大きなうねりとなって動いてゆくのだ。

いつの時代でも必ず抜きん出た才能の選手がいる。エースピッチャーの場合は、投げ込んで体に叩き込むという練習が多いようだ。試合になればエースとして先発する。日本の野球は先発完投型というのが、優れた投手として認識されているらしい。これはいつから始まったのかわからないが、先発とは試合を作る役目であり、最後までその役目を全うするのが、試合を任されたものの責務であるという考えだろうか。指導側も総じて、特にエースに対して完投できる体力をつけることを重視していると思われる。

試合で完投できるように、投げ込みをさせる。練習で試合より多く投げさせることで、試合を楽に感じさせる、または、投げ込みで体に叩き込めば、試合でピンチになっても体が自然に反応するなどの考えが根底にあるのだろうか。練習で投げ、試合で投げる。この繰り返しだろうか。

日本のアニメのジャンルにスポ根というのがある。世代によって異なるが代表的なものに「巨人の星」がある。1966年にスタートした漫画だ(テレビアニメは1968年から)。苦行のような練習に耐え、心と体を鍛錬して、目標に向かう様子を綴った物語だ。そこには、体のメカニズムや健康の概念はなく、ひたすら肉体的・精神的に過大な負荷をかけ続け、その負荷に耐えられるようになった時、新しい境地に入ることが許される、そんな精神性を重要視している。そしてその負荷に耐えられないのは、精神が弛んでいるから、鍛錬が足りないから、根性がない証であり、それは恥であると表現されていた。兎に角根性が全て。根性さえあれば、何者にも勝るというのが基本の考え。

鍛錬というのは、心身の技量を上げてゆくことだが、慣用的にはやや精神の方に比重が置かれているイメージだ。そして、日本のスポーツ界は鍛錬的練習が好きなのではないだろうか。確かに精神力は大事だ。技量があっても精神的に安定していなければ、高いレベルでのパフォーマンスを維持はできないだろうし、強靭な精神力は勝負の世界では必要不可欠な要素だ。主人公の星飛雄馬は子供の頃、大リーグ養成ギブスで体を鍛え、毎日のピッチング練習を欠かさず、甲子園では怪我をしてもエースの責務を全うし、結果的に負けるのだが、負けることがわかっていても弱音を吐かず責任を果たすその姿勢を美しいものとして描いている。

その甲子園での怪我を簡単に説明しよう。それは試合中に飛雄馬の利き手である左手の親指の爪を割ってしまったことだ。原因はライバルの一人ある左門豊作の折れたバットを手で叩き落したことが原因。甲子園準決勝で左門と対決した飛雄馬は勝負に勝ったのだが、飛雄馬の豪速球に左門のバットが折れ、バットが飛雄馬目掛けて飛んでくるのだ。咄嗟に身を守ろうとした飛雄馬は利き手の左で飛んで来たバットを空手チョップよろしく叩いてしまうのだ。

決勝までに割れた爪が完治することはないのだがほぼ飛雄馬一人で勝ち上がってきたチームに甲子園の決勝で戦えるようなレベルの替えの投手はいない。自分の怪我でチームに迷惑はかけられないという強い責任感と犠牲的精神でチームにすら怪我を隠し、爪が割れた状態で決勝を投げる。もちろんトレードマークの豪速球を投げることできないのだが、そこは鍛え抜かれたコントロールでギリギリまで投げ抜く。然し、最後には最大のライバルである花形満に打たれて負けてしまう。負けた後に花形が飛雄馬の怪我に気づき、爪が割れても投げ抜いた不屈の精神を讃える。そんな強い精神力の持ち主がヒーローとして描かれている。

果たしてこの漫画の影響は大きいのではないか。非科学的なトレーニングの実施や先輩の絶対的な存在を否定できない上下関係。この軍隊的な考え方が日本のスポーツ界、特に高校野球に根深く残っているのではないだろうか。軍隊との違いを挙げるなら、高校球児たちのモチベーションが野球好きと言う点。好きだから上手くなりたい、そのためには厳しい訓練も必要。それはスポーツ選手全員が共通で理解していることだろう。問題は、多少理不尽でもなんでも受け入れる、その精神が重要視されていることと、監督、コーチ、先輩からの理不尽な命令を拒否できないこと。スポーツ選手は結構体を壊していることが多いらしい。それは本来の人体メカニズムを超えた領域の負荷をかけ続けた結果なのではないだろうか。負荷を掛け過ぎれば、体は悲鳴をあげる。スポーツは生身の人間がやっているから負担は全て体に来るのだ。最近は科学的なトレーニングが採用されているところも増えているようだが、まだまだ科学的な部分と非科学的な部分が混在していると思う。

ここまでくると高校野球はスポーツではなく一種の宗教のように見えてしまう。信者は滝行や読経の代わりに、野球のための練習という名目の厳しい鍛錬を受ける。全ての苦行の目標は甲子園で力を使い果たすこと。35度以上の炎天下で試合をすることももちろん苦行の一環だ。決して弱音を吐くことは許されない。諦めることは許されない。野球人生が終わろうが、何があろうとやり遂げる。投手の場合、万一苦しい表情を見せてしまい、監督から「大丈夫か」と声をかけられても「大丈夫です」と答えるばかりか投手は自ら「投げさせてください」と懇願するのが教えだ。母校の応援団も見ている中で決して無様な姿は見せられないのだ。それが、高校野球教だ。

新潟高野連が投手の障害予防となる1試合100球制限案に対して日本高野連が待ったを掛けている。ルール化などに時間必要とのことですぐの採用ではないが、障害を予防するためのものであることを忘れずに検討をしてもらいたい。また、試合だけではなく、練習そのものも障害を予防する考えを徹底してもらいたいと思う。今やNPB選手がNLBで活躍する時代。そろそろ今までの慣習を見直す時期なのではないだろうか。