マラソン ランニング

経過観察 続々ヘルニア腰痛

この1週間は整体には行かず。そして前回の整体前のウォーキング+15分のランニング後の経過はと言うと、実はこれが「やってしまったなあ」と言う感じなのだ。3連休の2日間、40分のウォーキング+15分のランニング+15分のウォーキング(クールダウン)を実施。15分とは言え、喜びもあってついスピード走をしてしまったのがどうやら祟ったようだ。連休明けから今日で1週間になるが、この1週間は体(腰と右足外側)に痛みが戻ってしまったのだ。この1ヶ月半順調に好転してきたことを考えると、どう見ても原因は15分のスピード走だ。土曜は4分半程度までに抑えたが、日曜は4分の切るくらいで走ってしまった。

なんでそんなに急にスピード走をするのだ?モノには段階というモノがあるだろう?そもそもヘルニアの原因も走り込み過ぎが原因だと分かっているにも拘らず、同じ過ちをするとは何と愚かなのか?という声が聞こえてくるようだ。

正にその通り。僕は莫迦なのだ。然し、今度こそは分かった。本当に分かった。もう、昔のように走ることは当分できないのだと。そして、多少でも走れるようになりたいならば時間を掛けなければいけないのだ。

元々ヘルニア悪化前は10月15日のハーフマラソンに出るつもりだったのだ。5月からトレーニングを再開した理由もこの約4年半振りのレースへの参加がきっかけだったのだ。

8月に急に悪化したヘルニアを9月〜10月に掛けて少しでも走れるところまで持ってきたので、実はゆっくり走ればハーフに出られるかも、とさえ思っていたのだ。

今、考えればレースに参加しなくてよかった。自分の性格からすると棄権はしたくないので21kを歩いてでもゴールしたに違いない。参加していたら恐らく8月頃の一番酷い状態に戻っていただろう。それを考えれば僅か15分のスピード走の無茶のお陰で、ヘルニアとランニングの相関がはっきりしたのだ。

1週間掛けて徐々に体調が戻って来たので、再び地味に、静かに毎日40分のウォーキング生活に戻ろうと思う。