マラソン ランニング

大転子ランニング再び

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読み、走りに展開しながら自分の言葉に置き換えてた上で感覚を会得出来たような気がしたところで、再度本に戻ってみた。読み返したのはまとめの部分だけだが、実践後の方が言葉の意味がすんなりと入ってくる。同時に、記述と自分の感覚の違っていたところがあった。

 

記述と自分の感覚の1番違いは着地に関して。著書では「着地地点は重心よりやや前方だが、意識的にはほぼ重心の真下。が、完全に真下重心たと前につんのめるので、やや前方に着地する意識」とあります。

 

ここに関して自分の表現では「着地地点は重心の真下。が、真下着地を意識し過ぎると前方への踏み込み意識が強くなり過ぎるので、重心よりやや後ろで地面を捉える感覚」となる。

 

また着地に関しても著者では「着地はほぼフラットが好ましいがある程度踵着地でもOK。意識的には前足部着地にすると、反力がもらえず忍者走りのように小走りになる」とあるが、自分では「着地はフラット。踵着地は反力がブレーキ作用となり、衝撃が大きい為筋肉への負担が増える。従って前足部が一瞬先に着地しつつ、土踏まず全体で捉える」となる。

 

メカニズムの解説だけなら、重力と反力の関係と力の方向を示すベクトルなどで説明がつくがそれを体で実践するために教えることがどれだけ難しいかがよく分かる。何にでも言える事だが、物事を人に伝えることの難しさに改めて痛感。