マラソン ランニング

大転子ランニング実践8

大転子ランニングもついにコツを掴んだか!息を吐くときに腹から吐く呼吸法と遊脚から主脚になる時の着地位置の真下からやや後ろに位置付けることで、思いの外、力まず、楽に走れるようになった前回のラン。昨日の110分ランのつなぎ走で本日は70分走。要領は昨日の通り。これでようやく10月のハーフへの道が開けて来た!

と、思っていたのだ、ウォームアップの1~2kmまでは。

体も暖まって来たので、調子を出そうと思うのだが、調子が上がらない。どうやら昨日の感覚はどこかへ行ってしまったらしい。いやいや、昨日は約5年振りの18kmという距離。疲れが回復しなかっただけに違いない。焦らず今暫くウォームアップの続きのつもりで走る。が、5kmを過ぎても一向に昨日の軽やかな感覚がない。

 

焦りは禁物だ。今日は走りは意識しつつも、気分を変えて音楽に合わせて走ることにすることに切り替えた。

と、言って音楽はあくまで頭の中で音楽をならすだけ。ストリートランニングは基本、ヘッドホンはしないようにしている。周囲の音が聞こえないからだ。特に最近のハイブリッド車は音もなく、路地から出てくるので、ヘッドホンをしていなくても気づかないことがあるくらいだ。

 

兎に角、今日はテンポの違う2曲を紹介する。

まずはいきものがかりの「笑っていたいんだ」

f:id:sugarcane555:20170723155901j:plain

アルバムNEWTRALに入っている曲。本来の歌詞の意味とは違うかもしれないが、

マラソンで苦しい時に一歩一歩走り続けるのになんとなく歌詞がマッチしてくる。

 

もう一曲は斉藤和義の「歩いて帰ろう」

f:id:sugarcane555:20170723160103j:plain

アルバムWonderful Fishに収録されている曲で、斉藤和義の代表曲でもある。これも気分を高めてくれる曲。

 

理想は走り方を意識せずに曲が頭の中で流れ続けること。