マラソン ランニング

休足日

自分のその例に漏れず、自己流でトレーニングをする市民ランナーは兎角追い込みすぎるもの。「走った距離は裏切らない」が一時呪文のように唱えられていたが、故障しては元も子もない。頭では解っているのに走ってしまう。職業ランナーではないので単純に楽しめればいいはずなのだが、レースの度に記録更新するとつい欲が出るのだ。自慢出来る程の記録でもないくせに、一人前にトレーニングプランを立て、最新のGPSウォッチにシューズもロングとスピード練習用、レースもハーフとフルマラソン用を揃え、サプリメントを買い漁っていた。カタチから入ることで一端のランナーだと自己満足していたのだろう。故障して5年のブランクを経ると少し考え方も変わりそうなものだが、元来、頭が悪いのか、学びが、恐ろしいほど、ない。流石にシューズとサプリのコレクションは卒業した。だが走り込みに関してはどうしても以前のピークの頃の頻度・距離などを基準に考えてしまう。しかも取り戻したいがばかりに以前にも増して詰め込み傾向が強いのだ。焦って距離を走り、或いはスピードランをして故障する。この繰り返し。一向に学ばない頭でやっと思い出した休息。兎に角10月のハーフに合わせることだけ考えようと思う。