マラソン ランニング

大転子ランニング

腰痛と走ることについて

約1週間振りにランニング。いつもの10kmコース。1週間以上前に突然襲われた椎間板ヘルニアの再発。と言うか、治った訳でなかったはずなので暫くうまい位置に収まってていたものがまた、少しばかり神経をイラつかせるようになったと言うところだろう。それ…

大転子ランニング再び

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読み、走りに展開しながら自分の言葉に置き換えてた上で感覚を会得出来たような気がしたところで、再度本に戻ってみた。読み返したのはまとめの部分だけだが、実践後の方が言葉の意味が…

ルーティーンになり過ぎないこと

先日久し振りに夜ランをしてみた。理由は簡単で朝走る時間がなかったから。以前は平日のランは大抵仕事後の夜ランだった。日が落ちているので夏でも比較的走りやすい。最近は朝ランに切り替えてみたのだが、7時台でも日によっては日差しが強く体への負担が…

走ることに関する自己紹介

これまで走ることについていくつか書き記して来たば、走ることに関する自己紹介をしておく。 先ずは簡単な背景としては; 陸上経験なし 運動部経験なし これまでに真剣にやったスポーツはスキー(1級)、スノーボード。ランニングはそもそもスキーのトレー…

大転子ランニング実践8

大転子ランニングもついにコツを掴んだか!息を吐くときに腹から吐く呼吸法と遊脚から主脚になる時の着地位置の真下からやや後ろに位置付けることで、思いの外、力まず、楽に走れるようになった前回のラン。昨日の110分ランのつなぎ走で本日は70分走。要領は…

大転子ランニング実践6

大転子ランニングを7〜8回を重ねてみたが、正直身についているかどうかがはっきりしない。違いを見るためには過去のフォームと比較するのが手取り早いのだが、大転子ランニングへの過度の期待から、比較対象する以前のフォームを無意識の内にやや”悪い走り…

大転子ランニング実践5

5日目となる大転子ランニング。最初の1〜2日目のような大きな気付きは少なく、小さな発見に留まる。本日も目標は90分ラン。15〜6kmの距離で後半足が重くなるとは、まだまだ走る身体にはなっていないようだ。今日も終盤は過積載気味で登坂車線を走っているト…

大転子ランニング実践4

ここまで3日間の骨盤角、頭位置、腿角度などの意識づけで身に付いたと思った大転子ランニング。1日空けただけで、最初やや戸惑った。改めてフォーム改造の難しさを再認識。幸いにしてケンケンだけで、頭の位置、腿の角度、主脚から遊脚への切り替えは確認で…

大転子ランニング実践3

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」に沿っての実践3日目。昨日に引き続き色々と試しながらのジョギング。骨盤の前傾意識と頭の位置による荷重位置を決めてから、今日は主に左軸足への荷重位置を意識。例によってケンケンをし…

大転子ランニング実践2

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読んでの実践2。 著書の最終部分は(主に)サブスリーへのトレーンング方法が中心になるため、「大転子ランニング」に関しての新たに得た意識追加ポイントは下記。 支持脚(体重の乗っ…

大転子ランニング実践1

早速大転子ランニングなるものをやってみた。これはみやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読みながらの実践したものだ。但し、未だ読み終えていない状態での実践のため、読後と変わるかもしれない。 先ずは大転子ランニングな…

大転子ランニング

みやすのんき著の「大転子ランニングで走れマンガ家53歳でもサブスリー」を購入した。マンガ家という不健康なイメージと53歳というマラソンにハンデを感じるワードとサブスリーの組み合わせ。何とも興味を唆られるタイトルだ。大転子が何だかもわからないが…