マラソン ランニング

ランニング

現状維持

ヘルニアによる激しい腰痛と足の痛みで普段の生活がままならなくなったのが約1ヶ月前。そして一向に効かない痛み止めをやめて3週間ほどになる。それは不思議な整体を始めて3週間という事。ここ1週間は変化なし。三連休の初日に整体に出掛けた以外、残り二日…

気持ちの揺らぎなど

日曜に3回目の施術を受けた。一般的には整体と言われる施術。基本骨の歪みを矯正しているのだと思う。思うというのは、痛くて見ていられないからだ。兎に角、足を集中的に恐ろしいくらいの圧で押し続けられる。自分にとっては拷問のように思える。それが約1…

一進一退

椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄症)による腰と足の痛みが悪化して3週間以上になる。盲信的に服用した各種痛み止め(含む劇薬)が全く効果がなかったため、服用を中止(変化は副作用のみ)。服用を中止して1週間以上となるが、無論痛みは未だある。痛みはある…

自分の体のことや世の中のことなど

劇薬痛み止めワントラム、リリカ、痛み止め効果がある抗うつ剤サインバルタ服用を止めて1週間が経った。薬を飲んでも全く効果がなかったからだ。そして友人から紹介された整体に通うこと2回。まだ劇的な効果は見えないが、悪化はしていない。昨日から40分の…

体を変えるために意識を変えること

昨日友人の紹介で或る整体へ連れて行ってもらった。過去にも整体の経験はある。過去の目的はより質の良いランニングのための体の歪み矯正やレース前の調整だった。然し今回は生活レベルにまで影響が出てきた椎間板ヘルニアの痛みからの解放が目的。目的と言…

痛みとの戦い

これまでの要約。 椎間板ヘルニアと診断されたのが約6年前。その後一進一退を繰り返すも、極端に悪くなることもなかったのだが、8月に入って暫くして今日に悪化。MRI画像からは大きな変化は見られないが、痛みは増すばかり。以前から処方されていたボルタレ…

ヘルニア x 体の痛み x ワントラム →マラソン復帰の可能性

とりあえずワントラム。劇薬だ。癌患者の痛みを取るための薬なんだから、そりゃ劇薬だろう。そのお陰で昨日は痛みを忘れるくらい快適な1日だった。それがどうだ。今日は快適ではない。 朝食後にリリカとワントラム。先ずは頭痛だ。5~10分位の周期か。1秒も…

腰痛ランナー5

本日またも病院へ。目的はより強いクスリを処方してもらうこと。もはや、立派なヤク中だ。走るどころではない。神経性疼痛鎮痛剤リリカは既に上限の1日300mg。ボルタレン25mgの1日3回服用も医師に伝える。他の薬を希望したら、神経ブロックか手術を考えた…

腰痛ランナー4

本日はリリカをやめて朝からボルタレンのみにしてみた。朝ボル+一週間振りのランニング。しっかり朝食を摂ったので暫く時間を置き、11時ごろから開始する。ゆっくり13K。やっぱり走っている間は痛みが無い。帰って昼食。そして昼ボル。微妙に痛みはあるが、…

腰痛ランナー3

相変わらず腰痛ランナーというタイトルだが、腰痛は一向によくならず現在は単なる腰痛持ち。神経性疼痛鎮痛剤リリカ25mgから1錠75mgへ3倍増量するも効かず。1回の服用を更に倍にして150gmx2回/1日へ変更(1日上限は300mg)。が、それでも痛みは取れず、仕方…

腰痛ランナー

リリカ(神経性疼痛鎮痛剤)を服用しつつランニングを続けている。僕の場合は右足の外側周辺が椎間板ヘルニアの影響で痛みが出ている。処方してもらったリリカ25mg 10錠は痛くなる毎に服用していたので(1日上限300mg)あっという間に底をつき、このお盆休み…

腰痛ランナー

神経性疼痛鎮痛剤リリカ服用してのランニング2日目。昨晩は飲酒で痛み緩和するという雑な扱いをしたので朝食後にリリカを服用。それなりに効果は感じるが完全に痛みが取れる訳でない。約3ヶ月走っても問題なかったものが突然痛みに襲われた原因特定は難しい…

腰痛と走ることについて

約1週間振りにランニング。いつもの10kmコース。1週間以上前に突然襲われた椎間板ヘルニアの再発。と言うか、治った訳でなかったはずなので暫くうまい位置に収まってていたものがまた、少しばかり神経をイラつかせるようになったと言うところだろう。それ…

引き続き腰痛

腰痛復活から1週間以上が経つが、辛うじて薬が効く時間が長くなった程度で普段の生活もやや不安。朝は歯磨きの間立っていられないので、座って磨く。薬の前に食事をしたいところだが、食事が出来るまで我慢ができないので先に薬を飲み、その後食事。1日3回…

大転子ランニング再び

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読み、走りに展開しながら自分の言葉に置き換えてた上で感覚を会得出来たような気がしたところで、再度本に戻ってみた。読み返したのはまとめの部分だけだが、実践後の方が言葉の意味が…

ルーティーンになり過ぎないこと

先日久し振りに夜ランをしてみた。理由は簡単で朝走る時間がなかったから。以前は平日のランは大抵仕事後の夜ランだった。日が落ちているので夏でも比較的走りやすい。最近は朝ランに切り替えてみたのだが、7時台でも日によっては日差しが強く体への負担が…

走ることに関する自己紹介

これまで走ることについていくつか書き記して来たば、走ることに関する自己紹介をしておく。 先ずは簡単な背景としては; 陸上経験なし 運動部経験なし これまでに真剣にやったスポーツはスキー(1級)、スノーボード。ランニングはそもそもスキーのトレー…

大転子ランニング実践8

大転子ランニングもついにコツを掴んだか!息を吐くときに腹から吐く呼吸法と遊脚から主脚になる時の着地位置の真下からやや後ろに位置付けることで、思いの外、力まず、楽に走れるようになった前回のラン。昨日の110分ランのつなぎ走で本日は70分走。要領は…

大転子ランニング実践6

大転子ランニングを7〜8回を重ねてみたが、正直身についているかどうかがはっきりしない。違いを見るためには過去のフォームと比較するのが手取り早いのだが、大転子ランニングへの過度の期待から、比較対象する以前のフォームを無意識の内にやや”悪い走り…

休足日

自分のその例に漏れず、自己流でトレーニングをする市民ランナーは兎角追い込みすぎるもの。「走った距離は裏切らない」が一時呪文のように唱えられていたが、故障しては元も子もない。頭では解っているのに走ってしまう。職業ランナーではないので単純に楽…

大転子ランニング実践5

5日目となる大転子ランニング。最初の1〜2日目のような大きな気付きは少なく、小さな発見に留まる。本日も目標は90分ラン。15〜6kmの距離で後半足が重くなるとは、まだまだ走る身体にはなっていないようだ。今日も終盤は過積載気味で登坂車線を走っているト…

大転子ランニング実践4

ここまで3日間の骨盤角、頭位置、腿角度などの意識づけで身に付いたと思った大転子ランニング。1日空けただけで、最初やや戸惑った。改めてフォーム改造の難しさを再認識。幸いにしてケンケンだけで、頭の位置、腿の角度、主脚から遊脚への切り替えは確認で…

大転子ランニング実践3

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」に沿っての実践3日目。昨日に引き続き色々と試しながらのジョギング。骨盤の前傾意識と頭の位置による荷重位置を決めてから、今日は主に左軸足への荷重位置を意識。例によってケンケンをし…

大転子ランニング実践2

みやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読んでの実践2。 著書の最終部分は(主に)サブスリーへのトレーンング方法が中心になるため、「大転子ランニング」に関しての新たに得た意識追加ポイントは下記。 支持脚(体重の乗っ…

大転子ランニング実践1

早速大転子ランニングなるものをやってみた。これはみやすのんき著の「大転子ランニングでマンガ家53歳でもサブスリー」を読みながらの実践したものだ。但し、未だ読み終えていない状態での実践のため、読後と変わるかもしれない。 先ずは大転子ランニングな…

大転子ランニング

みやすのんき著の「大転子ランニングで走れマンガ家53歳でもサブスリー」を購入した。マンガ家という不健康なイメージと53歳というマラソンにハンデを感じるワードとサブスリーの組み合わせ。何とも興味を唆られるタイトルだ。大転子が何だかもわからないが…

走りながら考える走ることについて

走りながら、走り方について考えている時がある。極稀に感じるのは、体の各所の動きがピタリと調和しているということ。左腕の出し方と右脚の出し方のタイミング、そして連続する右腕と左脚のタイミング。これが調和してると感じる時は、脚を出す際の骨盤を…

昨日と今日のランについて

昨日はいつものコースをラン。本当は朝ランを予定していたのだが、前日のラン(実に9日振り)の疲れか朝起きるとダイビングのウェイトを着けているように体が重い。以前であれば体が重くても気持ちで走りに言っていたのだが、今回は無理だった。しかも午前…

今日走ってみて

今日は脹脛故障以来久しぶりに走ってみた。最初の1kmを過ぎた頃、右脹脛に何かを感じた。その感覚は一瞬で消え、何もなかったかのように意識から消えた。真夏の炎天下から急にエアコンの効いた建物に入った時のような感じで瞬間の冷やっとした感覚は直ぐにな…

脹脛の違和感

走るのを中断して8日目が過ぎた。普段の生活で脹脛に違和感を感じることはない。予定では暦が7月になった今日からランニング再開、と思ったら昨日充電セットしたはずのGarminが充電されていない。接触が悪いのかたまに起こる症状。充電を待っているうちに…