マラソン ランニング

腰痛ランナー5

本日またも病院へ。目的はより強いクスリを処方してもらうこと。もはや、立派なヤク中だ。走るどころではない。神経性疼痛鎮痛剤リリカは既に上限の1日300mg。ボルタレン25mgの1日3回服用も医師に伝える。他の薬を希望したら、神経ブロックか手術を考えた方が良いかもと言われる。一時はブロック注射を考えたのだが、ここは引き続き薬を希望。なんとか引き出したのがワントラム100mgという薬。

ウェブで調べてみるとこうある。

持続性がん疼痛・慢性疼痛治療薬トラマドール塩酸塩徐放製剤(商品名ワントラム錠100mg)が発売された。適応は、非オピオイド鎮痛薬で治療困難な疼痛を伴う各種慢性疼痛に対する鎮痛である。1日1回100~300mgを経口投与し、1日400mgを超えないこととなっている。

 

f:id:sugarcane555:20170822120352j:image

これはかなりのレベル。ついに来るところまで来た。持続性がん疼痛、治療困難な疼痛を伴う各種慢性疼痛に対する鎮痛。これは間違いなく最高レベルなのだろう。この「非オピオイド鎮痛剤で治療困難な疼痛」にという件で、すわ、オピオイドなのかと勘違いしてしまったが、ワントラムはオピオイドでない。オピオイドモルヒネ様物質。

ワントラムはトラマドール塩酸塩で主に鎮痛剤として使用される非麻薬系薬。

 

「ワントラムは、麻薬および向精神薬に指定されていない中枢性鎮痛薬です。オピオイド受容体作動作用およびモノアミン(ノルアドレナリンセロトニン)再取り込み阻害作用などにより鎮痛効果を示し、モルヒネなど強オピオイド鎮痛薬と同じ鎮痛効果を示す用量で、便秘などの副作用がオピオイドよりは少ないという特徴があります。」

下記の内容の乱暴に要約すると「300mg投与して効果がなければ投与を中止し、モルヒネの登場となる」となる。

がん疼痛患者において、本剤の1日の定時投与量が300mgで鎮痛効果が不十分となった場合、本剤の投与を中止し、モルヒネ等の強オピオイド鎮痛剤への変更を考慮すること。その場合には、定時投与量の1/5の用量の経口モルヒネを初回投与量の目安とすることが望ましい。また、経口モルヒネ以外の強オピオイド鎮痛剤に変更する場合は、経口モルヒネとの換算で投与量を求めることが望ましい。」

 

強い副作用のあるボルタレンは胃腸への負担が心配なので服用中止。ワントラムはボルタレンに替わる薬ではないとのこと説明を受けたのだが、情報を調べてみてその意味が分かった。

また、副作用に関しては下記の通り。

慢性疼痛を対象とした臨床試験から副作用が90.6%に認められている。主な副作用は便秘(61.9%)、悪心(51.9%)、傾眠(28.2%)、嘔吐(22.6%)などであり、重大な副作用としてはショック、アナフィラキシー、呼吸抑制、痙攣、依存性、意識消失が報告されている。

飲酒と運動に関しては、再度薬剤師の確認したところ、ワントラム服用中は飲酒は禁止。運動は軽い運動は構わないが、20kmランなどは禁止とのこと。結果的には非常に残念だが、仕方あるまい。

これまではリリカ服用時も禁止されていた飲酒をしていたのだが、そろそろまずいようだ。年一回の検診でも全く異常がないため、つい軽く考えてしまうのだが、今回ばかりは真剣に受け止めようと思う。

腰痛ランナーと軽い気持ちで書き始めたのだが、自分で真剣に走るのは本当に終わりになりそうだ。

 

 

 

 

 

腰痛ランナー4

本日はリリカをやめて朝からボルタレンのみにしてみた。朝ボル+一週間振りのランニング。しっかり朝食を摂ったので暫く時間を置き、11時ごろから開始する。ゆっくり13K。やっぱり走っている間は痛みが無い。帰って昼食。そして昼ボル。微妙に痛みはあるが、さほど気にはならない。その後は溜まっていた作業やらで夕食の時間に。夕ボル。今日はボルタレンだけで過ごせた。明日も走れるのだろうか。いや、走るべきではないのか。今日を基準にして今後の差を見るならば、ボルタレンのみの服用でランニングとなる。先ずは明朝次第か。

腰痛ランナー3

相変わらず腰痛ランナーというタイトルだが、腰痛は一向によくならず現在は単なる腰痛持ち。神経性疼痛鎮痛剤リリカ25mgから1錠75mgへ3倍増量するも効かず。1回の服用を更に倍にして150gmx2回/1日へ変更(1日上限は300mg)。が、それでも痛みは取れず、仕方なくボルタレン3回/1日を追加。これでも完全に痛みが取れるわけではなく、日によって効果にバラツキあり。運が良ければ痛みが軽減する。次のトライはリリカを別の薬に変えるくらいか。走れないこともあり、元々好きな酒を飲み始めたため体重、体脂肪率は増える一方。5月〜7月のトレーニングはほぼ無駄しなりつつある。走りたくて疼くが、兎に角痛みを取らないことには短い通勤もやや辛い。特に辛いのが朝から午前中。仕事柄ほぼデスクワークということもあり、午後〜夜にかけては痛みは大分緩和する。そんなこともありやや通常生活に関してやや楽観的。ランニングへの欲求不満は募るが、様子をみるしかない。今後は薬を変えてからだが、こうなったらランニングはタイム狙いはやめて、健康のためのランニング(と言いつつ、薬を飲みながらのランニングの時点で矛盾しているが)へ考え方を変えるしかない。10月のハーフも参加する(完走目標)となるかもしれない。兎に角来週の薬変更へ賭ける。

腰痛ランナー

リリカ(神経性疼痛鎮痛剤)を服用しつつランニングを続けている。僕の場合は右足の外側周辺が椎間板ヘルニアの影響で痛みが出ている。処方してもらったリリカ25mg 10錠は痛くなる毎に服用していたので(1日上限300mg)あっという間に底をつき、このお盆休み中に残り2錠となった。確かにボルタレンよりはリリカの方が足の痛みには効いているような気がするが、痛みが完全になくなる訳ではない。医者のお盆休みが明けたる明日には、リリカ以外の神経性疼痛鎮痛剤についても相談をしようと思う。昨日のランニング前にはリリカにボルタレンを服用(共に25mg)。前の2日同様、走っている時にはそれほど痛みはない。

今一番痛みで悩むのが血行の悪くなる就寝時明け方(途中何度か起きていろんな姿勢に変える)と起床時。目が覚めていきなり立ち上がる時に痛みがピークになる。僕の場合、兎に角立っている状態が一番辛い。洗顔は座ってはできないが、歯磨きは痛くて立っていられない。

先週の金曜、土曜は目覚めてから全米プロゴルフの松山英樹をテレビで見たのでベットに暫く座っていた。その後立ち上がってみたら、いつもよりは痛みが和らいだ印象だったため、今日も(松山君を見ていたのだが)目覚めてから暫くベットで座っていたら痛みが幾分か弱くなっていた。

やっぱり血液の循環が悪いのが痛みの原因のようなので、起きたらら楽な姿勢で痛みに関係の薄いような腕などを回すなど血流を良くするよう心がけようと思う。

残りのリリカを温存しながらボルタレンでなんとか明日まで凌ごうと思う。

 

腰痛ランナー

神経性疼痛鎮痛剤リリカ服用してのランニング2日目。昨晩は飲酒で痛み緩和するという雑な扱いをしたので朝食後にリリカを服用。それなりに効果は感じるが完全に痛みが取れる訳でない。約3ヶ月走っても問題なかったものが突然痛みに襲われた原因特定は難しいが、この間に何か生活で変化がなかったか再度思い起こしてみた。原因かどうかは判らないが唯一の変化は体幹トレーニングの有無。5月から7月上旬までは走る毎に体幹トレーニングをしていたが、7月から急に暑くなるにつれ体幹トレーニングをサボりランニングだけにしてた。何でも試すしかないので今日から体幹トレーニングを再開。

内容は、主に腹筋、背筋。

腹筋は、お尻を床につけて両足を浮かせて空中で自転車を漕ぐように足を片方づつ屈伸する。その際、両手は頭の後ろで繋ぐ。足の屈指に合わせて引き上げた膝と対角線上の肘をつけるようにする。体を捻るようにして左右で1回として30回。

背筋は腹ばいでの上体反らしを30回。両手・両足を床につけ、片膝を床から離し、上方へ高くあげる。これを左右30回づつ。同じ姿勢から、対角にある片手を片膝を床につけて、もう一方の肘と膝をつけてから、手は前方へ、脚は上方へ高くあげる。これを左右30回づつ。

あとはフロントブリッジ1分、サイドブリッジを左右1分づつ。

ランニングは今日も10km。走っている時には痛みは少ない。今日は信号待ちでの痛みは昨日ほどではなかった。今日も痛みがありつつも走り出してみるとやっぱりどんな形であれ走れていることで心が軽くなる。薬を飲みながらでも走れること。それが自分にとっては喜びなのだと今日は感じた。

 

 

 

腰痛と走ることについて

約1週間振りにランニング。いつもの10kmコース。1週間以上前に突然襲われた椎間板ヘルニアの再発。と言うか、治った訳でなかったはずなので暫くうまい位置に収まってていたものがまた、少しばかり神経をイラつかせるようになったと言うところだろう。それにしてもここ3ヶ月ばかりジクロフェナク(鎮痛剤:ボルタレンジェネリック薬)にはお世話にならずに月150~200km程走れていたのが、突然1日3回飲まずには痛くて生活ができないほどになった。確かに7月はややいい気になって250km程走ってしまったのが原因かもしれない。距離を稼いでいるつもりはなかったのだが、未だに距離神話(より長い距離を走ればそれだけ鍛えられる=タイム向上に繋がる)信仰者なのかもしれない。

兎に角その状態で、痛みを取る選択としてブロック注射を考えたのだが、医師の話ではブロック注射は効果の継続がせいぜい2〜3日と言うことでより体に合う薬を探すことをに。

ブロック注射は一部のウェブ情報によると、患部の痛み除去するだけの対処療法ではなく、患部の筋肉をほぐし、血行を促すことで人間に自然治癒力をサポートする治癒能力を向上する画期的な治療とある。この事を医師に訊いてみると最初の回答が「ブロック注射は対処療法で根本解決ではない」とのこと。痛みを軽減(一時的に痛みをなくす)することで痛かった時の(患部を庇うような)不自然な姿勢から正しい自然な姿勢になることで無駄に筋肉を緊張させることなく、各血管への圧迫の少ない自然体(人間の体は平時には体への負担の無い最も楽な体勢になるようにできている)になることで、結果的に筋肉の緊張弛緩や血流の向上になることがあるとのこと。ウェブから得たにわか知識は崩壊。爽やかに全球ストレートを空振りで三球三振食らった感じだった。

これまでは一般的な鎮痛剤だったが、神経性の痛みということで今回はリリカという薬を一先ず処方して貰う。神経性の痛み、痺れなどに効果があるとのこと。今回は一錠25mgのもの。ジクロフェナクとの併用も可能とのこと。まずはジクロフェナクを我慢して就寝前にリリカ25mgで様子をみることに。就寝中の痛みはやや軽減した印象で、起床時もジクロフェナクよりは効き目を感じた。このままの効果を期待したが、起床後30分で痛み再発。朝食後にリリカ服用。その後昼までは快適な数時間。この調子ならランニング可能と読むもランニングへの決意に合わせたかのように痛みが再び訪れる。これが果たして体からの警告信号だったかは未だ判らず。

昼食を取り再びリリカを服用。朝のことを考えると服用後30分ほどで効果が現れたため、ランニングへのはやる気持ちを抑えられずに早々に準備。痛みは取れなかったが、ランニング再開。ランニング中も痛みはあったが、走れないほどではなかった。出だしはウォーウアップも兼ねて6分2-30秒程度。2K目には自然と5分10-15秒程になり、3kmから4分55秒から5分5秒の間のペース。それほど腰や足の痛みは無かったが、4k程の地点で信号待ちで停止。一気に痛みにが全身を回る。恐らく信号待ちは1分程度だと思うが実に長く感じた。痛みを抱えながら、中間地点(5km地点)へ向かう。走り始めると痛みへの意識は弱くなる。路上ランニングは車や自転車、人の動きへの意識、信号への意識など痛み以外に注意を向けることが増えることにより痛みへの意識配分が減るのだろう。

予定の10kを終え帰宅。停止と共に痛みが走る。リリカはジクロフェナクとの併用可能なのでジクロフェナクを服用。暫くしてやや落ち着く。

 

久しぶりのランニング。新しい痛み止めのトライアル。通常生活では効果のある薬なのかもしれない。が自分の目的はあくまで運動できるようになること。明日も服用しながら様子はみる。が、自分がやっていることの意味がなんなのか考えなければならないのかもしれない。職業ランナーでは無いため走らなければならない理由は無い。多くの薬を服用することが体に良い訳は無い。健康志向では無いので、長寿希望も無いのだが、生きている間は不健康より健康(痛みや苦しさは味わいたく無い)でありたいと思う。

走ることが自分にとって何を意味するのか、もう一度考えたいと思う。

 

引き続き腰痛

腰痛復活から1週間以上が経つが、辛うじて薬が効く時間が長くなった程度で普段の生活もやや不安。朝は歯磨きの間立っていられないので、座って磨く。薬の前に食事をしたいところだが、食事が出来るまで我慢ができないので先に薬を飲み、その後食事。1日3回必ず薬服用。夜は寝ている向きにより腰から足にかけて痛みが出る。これでも1週間前よりは良くなっているのだが、走る勇気がない。一方で、このまま走らなけば、また体力作りからのスタート。そこで神経ブロック注射に挑戦。これは過去やったことがないので、どの程度の効果なのか不明だがとりあえず病院で相談をしてみる。

経過は後日。