マラソン ランニング

笑い者のアメリカ大統領と今後の日本

金正恩とトランプの下品で低レベルの舌戦には大半が辟易としているのだが、ロシアのラパロフ外相の「まるで幼稚園児のケンカのようだ、頭を冷やしなさい」の記事に思わず笑ってしまった。中々良いタイミングで大人でナイスなコメントだ。今回の件でロシアはいろんな意味でいいポジションを得ている。北には兎角中国が矢面に立たされている中、それを隠れ蓑にして絶妙なポジションで見守っている印象だ。中国程責任を負わずして、北を今後利用できるのはロシアかもしれない。地政学的にも中国より有利だろう。

この幼稚園児扱い、多分世界中のまともな国家は「アメリカよ、ロシアに一本取られたな」と思っているだろう。

兎に角、恥ずかしいのはアメリカの民主党支持者とそんな片割れ暴れん坊園児に矢鱈おべっかを使ってる自民党を選んでしまった僕ら日本人か。

今の自民党にも後藤田正晴さんのような骨があり軸がブレず、且つ実力と発言力のある人がいればいいのだが、残念ならがいなそうだ。

そうなると、新党希望のような新興勢力にどうしても期待をしてしまう。自民も本気で安倍依存体質を変えないと先がない。あるいは安倍総理に対抗できる人を入れなければ何も変わらない。反安倍では入閣は出来ないのだが、安倍総理の暴走を抑えられる人が必要だ。

与党が弱ると必ず新党が出て来て風向きを変えようとする。兎に角怖いのは勢いだけで勝利すること。勢い勝利の怖さは民主党政権で経験している。その二の舞は踏みたくないのだ。自治体と国政は違うのだ。ましてや、議員一年生に国政は預けられない。国の経済政策や国家安全保障問題は国家論を持っていないと危険だ。ましてや、この緊張の時代、個人的な想いでの失言は命取りになる。新党希望がまとまった国家論を持っているとは思えない。民主党勝利後のグダグダ内閣改造の日々を思い出そう。まるで、鮮度の落ちた食材を使った日替わり定食を強制的に食わされるようなものだ。なにが出て来ても不味いのだ。もともと食材が不味いのだから、どう調理をしても不味いものは不味いのだ。

経済と安全保障問題を安定的に推進して欲しい。

そして、どうかその間に2人の躾の悪い幼稚園児が悪さをしないようにして欲しいものだ。

 

1時間のウォーキング

休み明け火曜日からのウォーキング。今日は初めて1時間歩いてみた。さすがにウォーキング後多少の痛みはあったが、それでもかなり回復しているのだと実感がある。土曜日には5回目の整体。1時間の背術の痛みに耐えるのは辛いが、普段の生活が戻りつつあるのは単純に嬉しい。不自由になって初めてわかる健康のありがたさ。今は立っていられること、歩けること、電車に乗っても座らずとも痛みが出ないことに喜んでいる。が、これは普通になれば、また、忘れてしまうのかもしれない。そこはいくら何でも学ばないといけないのだろう。最近は気持ちも晴れてきた。病は気からとはそういうことなのだろう。自分でもイライラが明らかに少なくなっている。予定の9月中に痛みを取るという整体の先生の言葉も、どうやら嘘ではなさそうだ。10月までしっかり整体に通って、痛みを取り、普段の生活を取り戻したい。

ランニングに戻るかどうかは10月まで過ごしてから少しづつ考えようと思う。

 

 

 

 

 

現状維持

ヘルニアによる激しい腰痛と足の痛みで普段の生活がままならなくなったのが約1ヶ月前。そして一向に効かない痛み止めをやめて3週間ほどになる。それは不思議な整体を始めて3週間という事。ここ1週間は変化なし。三連休の初日に整体に出掛けた以外、残り二日間は玄関から先には一歩たりとも出ず。毎日のウォーキングもやらず引きこもっていた。引きこもっていたと言っても、家ではアマゾンプライムビデオを見たり、曲を作ったりと、至極健康的に過ごしていた訳だが。

昨日久し振りに会社から自宅まで歩いた。45分ほどのウォーキングだったが、久し振りだったせいか、後半10分はいつもより強い痛みを感じた。それでも、以前より良いのは、楽な姿勢、つまり座ってから痛みが引くまでの時間が短くなったこと。昨日は座ってから僅か数分で痛みが消えた。以前は10分以上はかかっていた。今日もウォーキングして、昨日との違いを見つけたい。毎日些細な変化に一喜一憂していることを客観的に見るとおかしなものだが、毎日何かしら”一喜”したいものだ。

 

もちろんランニングができる訳もない。Garmin connectに登録したランニングシューズの距離が241km辺りで止まったまま。シューズの登録は初めてで、これでソールの減りと走った距離が視覚的に感覚を掴めると思っていたので残念だ。

 

ランニング、腰痛ネタからは離れるが、以前にも触れた北朝鮮関連。

トランプが国連の場でとんでもないことを口走った。僕には金正恩もトランプも同類にしか見えない。アメリカたる国の大統領にしては余りに短絡的で挑発的。一体どこまでチキンレースをやるつもりなのか。戦争が起きれば確実に日本含め周辺国が巻き込まれる。戦争被害も受けるだろう。難民問題も出る。兎に角多大な犠牲が出るだけで何も生まれない。トランプは金正恩に負けたくないという子供染みた感情から発言しているとしか思えない。戦争に突入する前にトランプを弾劾できないものか。そんなトランプに迎合する安倍も問題だ。こいつも危ない。

金正恩、トランプ、安倍。この偶然の巡り合わせが歴史を破滅に追い込むかもしれない。もしヒラリーが大統領だったら、今の状態にはなっていないはずだ。少なくとも対話路線を慎重且つ、綿密に進め、ここまでの危険な関係にはなっていないはず。しかし、選ばれたのはトランプだ。世界中が内向きに、自国のことを優先する、そんなメンツが世界でも揃い初めている。非常に危険な空気を感じる。

 

リハビリ中

今日で4回目の整体。先週の日曜から一週間。薬は一切飲まず毎日40分のウォーキングで過ごした一週間。腰と足の痛みはあるものの、姿勢良く歩いていると以前ほどの痛みはない。じっと立っている方が痛みを感じるような気がする。日によって多少症状が違うので、着実に良くなっているのは判らない。が、後退している印象もない。牛歩並でも回復しているのだろうか。

今週は色々と問題が起きた。腰の痛みのせいもある。無意識の内に、イライラしているのだろう。一駅でも電車で座れない。レジで待っているのが耐えられない。信号待ちにも不愉快になる。腰の痛みは外見では分からないため、外から見れば普通の人に見えるが、少し不機嫌に見えるのだろう。そんな不機嫌さが人間関係に影響してしまった。週の途中で何とかギリギリ修復できたので、まだ良かったが、やっぱりしっかりと治さないといけないと改めて思う。

10月のカレンダーを見ていたら、予定していたハーフマラソンが記されていた。無論この状態で出場出来るわけもない。周囲からもヘルニアの原因がランニングと分かっているので、走らないようにと、口を酸っぱく言われている。腰がこんな状態でなければ、9月の今頃は30k走や26k峠走をやっていたはず。暑さが引いたこの時期、普段なら走りたくて仕方ないはずなのに、残念ながら今はそんな気持ちにもならない。何度も書くが、健康な時には健康の有り難みには気付かない。そんなものなのだろう。

気持ちの揺らぎなど

日曜に3回目の施術を受けた。一般的には整体と言われる施術。基本骨の歪みを矯正しているのだと思う。思うというのは、痛くて見ていられないからだ。兎に角、足を集中的に恐ろしいくらいの圧で押し続けられる。自分にとっては拷問のように思える。それが約1時間程続く。本当は施術なんかではなく、単に嫌がらせされているのかと思ったりもする。それでも今の僕には他に頼るものがない。少なくとも医者に診てもらうのを諦め、薬を飲むことを止めた今、これまで続けてきた一般的な医療は封印した。

整体やら、鍼灸やら東洋医学と言われるものは怪しいものも多いと思う。医学的な根拠がない施術はまじないの延長かもしれない。今の医療が発達する前の悪霊祓いのようなものだろう。

周囲からはブロック注射や手術を勧められ、薬と医者通いを止めて整体で鎮痛を治すと言ったら大いに笑われた。かなりバカにされた感じだ。自分も一般の医療行為を信じていた。今でも一般的には信じている。然し、ここ1ヶ月の経緯を振り返ると、薬害になり兼ねないと感じた。医者に言われるがまま、出された薬を飲む。薬局で処方された時も薬の説明にも具体的な副作用のことは一切書いていない。自分で調べて診て、初めてそれらの薬本来の機能や副作用を知ったくらいだ。そんな処方された強い薬を飲んでも、鎮痛効果は皆無だった。薬を飲んで効果がゼロだったことも初めての経験だが、副作用だけのマイナス効果というのも初めてだった。つまり百害あって一利なしの状態だったのだ。それは偶然だったのかもしれないが、それでも自分が経験した事実でも有る。そこまでの負のスパイラスに巻き込まれれば、他の道を模索しても悪くはないだろう。

継続的な体の痛みを抱えていると気持ちが萎える。気持ちが沈んだ時などのよく宗教に捕まるというような話を聞く。自分も気持ちが萎えて他ので、何かに縋りたい気持ちは良くわかる。それでもまだ疑い深い自分がいる。ただ助けてもらいたいから怪しいのも承知で何でも良いから試した訳ではない。自分なりには考えた。そして、この手の東洋医学はやや宗教のように信じられなければ、何も始まらないとも思った。唯一の救いはその施術を勧めてくれた友人が信頼できる人間だったから。冷静に考えてみると施術を信じているというより、その友人を信じているから、その友人が信じている、そして実際にその本人も薬害から救われ今元気に過ごしている姿を見ているから、全体としてh信じることが出来るのだと思う。

それでも尚、疑う気持ちはずっと持ち続けているのだ。今日、周囲から笑われた時には正直腹が立ったのだが、今は笑われたお陰で、より強く信じようという決意に変わった。盲目的に信じる訳ではないが、信じる気持ち、自分でも良くなろう、良くしようという気持ちが強くなった。

今日は2日間サボっていたウォーキングを再開した。1日目サボった理由は施術と同日は体が痛くてとても歩ける状態ではなかったから。2日目にサボった理由は仕事で飲み会があったから。そして今日のウォーキング。先週までのウォーキング(約40分)では最後の10~15分くらいは腰と足の痛みは強く出ていた。先生によると、痛みがあってもおかしくないが、その内40分の中で痛みが引くようになるはずとのこと。今日は痛みが引くことなかったが、酷く痛むこと自体がなかった。これは今日だけの傾向かもしれないが、明日以降もウォーキングをして経過観察をしたいところだ。

椎間板ヘルニアと診断されてから約6年。それを高々1ヶ月の整体で痛みが取れるものだったら世の中に医者なんかいらない、と言われるだろう。医者がいらないとは言わない。僕もこの先も医療に世話になることは必ず有るだろうし、否定はしない。僕が健康体でこのブログを第三者として読んだら、俄かには信じないだろう。然しだ。僕は今のやり方をまだ続けようと思う。次の施術は土曜日。それまでウォーキングを続ける。

一進一退

椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄症)による腰と足の痛みが悪化して3週間以上になる。盲信的に服用した各種痛み止め(含む劇薬)が全く効果がなかったため、服用を中止(変化は副作用のみ)。服用を中止して1週間以上となるが、無論痛みは未だある。痛みはあるが、今は副作用しか齎さない薬には戻りたくない。薬に代わって今試しているのが整体。医者から整体師に切り替えるのが、最良策かどうかは判らないが、これ以上薬漬け(ブロック注射しかり)になりたくなかったのだ。今は整体師のことを信じてその指導に従う。その一つが毎日40分以上のウォーキング。牽引のように無理に引っ張るのではなく自然に体を動かして、体自身に体を調整させると言う考え方。正直、立っているだけで痛みがあるので40分のウォーキングはしんどいのだが、これも治療の一貫のつもりでやっている。

先日の2回目の整体施術後に言われたのが、今が一番悪い時。次回から必ず良くなるとのこと。ならばその言葉を信じるしかない。次の施術は日曜日。2日後だ。それまでは毎日40分歩く。

 

先週までは普段の生活が送れるようになれるのなら、もうランニングが出来なくてもいいと思っていた。が整体の先生も、ランニング出来るようにしたいと言ってくれた。もちろん、もう余り体への負担の多いような走りは出来ないが、ゆっくりでもいいから体を動かせるようになりたい。その希望を捨てなくていいと思っただけでも心が休まる。

自分の体のことや世の中のことなど

劇薬痛み止めワントラム、リリカ、痛み止め効果がある抗うつ剤サインバルタ服用を止めて1週間が経った。薬を飲んでも全く効果がなかったからだ。そして友人から紹介された整体に通うこと2回。まだ劇的な効果は見えないが、悪化はしていない。昨日から40分のウォーキングを始めた。整体の先生の勧めだ。自然に体を動かすことで人間が持っている機能を回復させると言うこと。通常痛みなどの故障がある場合は安静が第一とされるが、この先生は真逆の発想。40分のウォーキングは今の自分には楽ではない。体は相変わらず痛いままだからだ。それでもこの方法をやるところまでやらないことには他に頼るものがないので、兎に角9月1ヶ月はこの先生に言われたことは実行する。次に整体は日曜なので、それまで毎日歩くことが治療と思うことにする。今は未だランニング復帰は見えないが、復帰できたら今度こそはこれまでのようなタイム向上のためのハードなトレーニングは封印し、体が悲鳴を上げないようなレベルのジョギングをしようと思う。

 

と、まあ自分にとっては自分の体が大事で、趣味でもあるジョギングの将来を考えることが大事な訳だが、一方世の中では北朝鮮の問題が連日取り上げられている。ニュースでこれだけ取り上げられても今一つ自分の問題として危機感を感じないのは自分だけなのか。そんな僕でも一つだけ気になるのが北への石油禁輸制裁の蓋然性について。僕の乏しい知識だが、日本がアメリカに開戦した背景にも石油禁輸があったはず。当時の日本は石油の大半をアメリカに頼っていたため、日本への石油輸出全面禁止措置が日本を東南アジアの原油確保への戦争に導いた一要因だと記憶している。窮鼠猫を噛むと言うやつだ。それは今の北朝鮮にも当てはまるのではないか。北に近い中国とロシアが石油禁止すれば、北朝鮮は戦前の日本と同じような状況に陥る。そうなれば正に窮鼠になる。

国連合意の経済制裁は戦争や紛争を回避するための措置とされているが、僕は行き過ぎた経済制裁は別の種類の戦争なんじゃないかと思う。が、制裁強化せずに今の北朝鮮の脅威がなくなるわけではない。では、どうすればいいんだろうか。

人の気持ちとは単純なんだと思う。人を好きになるには色々な理由があるが、僕に好意を持ってくれるとその人のことは好きになりやすい。僕のことが嫌いな人に対しては警戒する。国家間の問題がこんな事で解決する訳はないのだが、人間なんて所詮そんなものじゃないかと思う。互いに言い争っているといつか何かの拍子にどつき合うことになる。国家間の「話し合い」が機能しにくいのは、”ウラ”が見えるからだ。つまり話し合いと言う平和的に見える方法で、自分たちの覇権争いをしているのが、相手にも見えてしまう。だから、そんな話し合いはしたくないのだ。利害関係のある当事者同士では解決しないから裁判と言う制度があるんじゃなかったかな。国連自体が当事者間のドロドロ茶番だから国際司法裁判所も機能しないのか。まあ凡人の僕にはわからないが金正恩とトランプのチキンレースを見るのはもう懲り懲りだ。